Allgemein · ドイツ語 · 映画・音楽

ドイツにもあった『一期一会』!お気に入りのドイツの曲紹介と語学勉強に音楽を取り入れることのススメ

こんにちは。マフィンです。最近ブログにYoutubeを添付できることを今さら発見し、調子にのっています。

突然ですが、みなさん語学の勉強をするときその言語の音楽を聴くことはありますか?

マフィンは語学を勉強する上でモチベーションアップのためにも勉強している言語の音楽を聴きます。

例えば、中学2年生の時に大好きになった『Backstreet Boys』。当時はCDが発売されると同時に購入し、歌詞カードとにらめっこしながら一言一句正確に聴き取って覚えていました。

発音を真似して、お風呂で熱唱。「マフィンの発音、本物っぽくない?」なんて自画自賛。上手く発音できることが嬉しくて楽しくてたまりませんでした。

ただし、全部の内容を理解しているわけではなく、単純に発音を楽しむというもの。

そんなマフィンにある日感動的な出来事が!

確か高校1年生の英語の授業だったと思います。英語の先生が『As long as… ~する限り』という構文の説明を始めました。

as long as

「おー!!これは!!Backstreet Boysの『As long as you love me』ではないか!」

『As long as… ~する限り』ということは、『As long as you love me』あなたが私を愛する限り…』ということか!すごーい!めっちゃロマンチック!と感動したものです。

(今だと同じ『As long as you love me』でもジャスティンビーバーの歌が出てくるところに時代の流れを感じますが。)

まあツラツラと書きましたが、何が言いたいかというと『語学を勉強するなら、その言語の音楽をたくさん聴くべし!』ということです。

音楽を聴くと語学の勉強も苦痛にはならないし、「こんな表現あるんか!」「この単語の意味なんやっけ?」とどんどん興味が沸いてきます。

もう1つの利点は『音楽で覚えたことは、忘れにくい』ということです。中高生当時マフィンが必死になって覚えたBackstreet Boysの歌詞ですが、今でもほとんど歌詞を間違えずに歌うことができます。人に披露することはないですが、自分にとっての誇るべき財産だと思っています。

IMGP2068

昔と違って今はインターネットがあれば何でもできる時代。Youtubeやspotifyなんかでいろんな国の音楽を聴くことができるのって本当に嬉しいことですよね!

というわけで、マフィンはドイツに来てからいろいろとドイツの音楽を聴くように心がけています。

今日はそんな中で特にマフィンのお気に入りの曲を紹介します。

Cro『Bye Bye』という曲です。少し古い歌ですが、初めてこの曲を聴いた時一目惚れというか一聴き惚れしました。

~1番の歌詞の内容 (Zusammenfassung要約)~

暖かくて信じられないくらいとても天気が良い日、ふと家へ帰る途中の電車の中で目の前に立つ女性に目が。その女性を見て、彼は思わず「ワォ~!」と心の中でつぶやきます。

隣の席が空いていることを伝えたものの、それ以上話しかけたくても自分に自信がなくて声をかけられない男性。

「彼女との出会いは最高だ!彼女はきっと彼氏がいないだろう!」「でもなんて声をかけたらいいんだ?言葉が出ない!」「今じゃないなら、いつなんだ?」などと頭の中でいろいろと考えているうちに、彼女は立ち上がって下車してしまいます。

『Bye bye meine Liebe des Lebens バイバイ、ぼくの人生の愛する人』

『Wir beide werden uns nie wieder sehen ぼくたちは二度と会うことはないだろう』

『Kann schon sein, dass man sich im Leben zweimal begegnet いや、人生で2度出会うことだってあり得る 』

『Doch es beim zweiten Mal dann einfach zu spät ist でも2度目では遅すぎるなんて簡単でわかりきったこと』

(少し意訳しましたがご了承ください。)

~2番目の歌詞~ 女性目線から。

電車賃が高いなと考えながら電車に乗ると、彼女の目に入ったのは好みのタイプの男性。

彼の近くに座ってみたものの、話しかけたくても話しかけられない。

「あなたは私の男、私たちはお似合いだわ!」「今を逃したら、いつがあるっていうの?」

そんなことを思っても、結局彼女も自信がなく何も口にしませんでした。

『Bye bye meine Liebe des Lebens バイバイ、わたしの人生の愛する人』

『Wir beide werden uns nie wieder sehen わたしたちは二度と会うことはないでしょう』

『Kann schon sein, dass man sich im Leben zweimal begegnet いいえ、人生で2度出会うことだってあり得る 』

『Doch es beim zweiten Mal dann einfach zu spät ist でも2度目では遅すぎるなんて簡単でわかりきったことでしょ』

IMGP1940

以上、歌詞の要約でした。

もし何かを口に出していたら、2人の間には何かが起こっていたかもしれません。

『Wenn sie etwas gesagt hätten, wäre etwas zwischen ihnen passiert!!』

お互いが同じように思っていても、2人とも勇気がなく結局は何もおこりませんでした。

確かに電車で一目惚れした人に声をかけると、日本だと不審者・変質者に思われそうですが、知らない人同士でも電車の中で挨拶を交わしたり、たわいない会話を楽しむことがあるドイツ人なら声をかけるのもありではないかと。

このBye byeの歌詞ってまさに、日本語の四字熟語でいう『一期一会』じゃないでしょうか。

残念ながら、『一期一会』に相当するドイツ語はありませんが、ドイツでも『一期一会』という感覚があるかもしれないと知ることができ、少し親近感を覚えました。

「この人とは生涯に一度しか会わないかもしれない。今この瞬間しかないんだ!」って思うと人との出会いをもっと大切にしなくてはいけないと思えますね。

実はプリンツ君に初めて会った時も、「この出会いは『一期一会』かもしれない。今しかないならたくさん笑顔で過ごそう!」と思ったものです。

CIMG4014

このBye byeという歌を聴くと、1つの物語を垣間見たような気分になります。とはいえ、最初の頃はここまで深く意味を考え、理解できたわけではありません。

なんとなく曲の雰囲気が好き!から始まり、何回も何回も聞いているうちに1つずつ単語の意味を理解していけるようになりました。

例えば、この歌詞の中に出てくる『begegnet』という単語。

基本の形は『begegnenベゲグネン ~に(偶然)出会う、遭遇する』です。

でもマフィンがよく使うのは、『treffenトレッフェン ~に(申し合わせて・偶然)会う』という単語。

初めて見る単語に出会い、辞書で調べた時は「begegnenも出会うっていう意味があったんや!」と、自分の中の辞書に単語を追加することができました。

その他にも、語学学校で勉強するうちに「あー、分離動詞の『aufstehen立ち上がる』と『aussteigen降車する』がこんな感じに使われるんやな」など自分の分かることが増えてくることに喜びを感じることも。

このように、自分が勉強している言語の音楽を聴くと、次々と新たな発見が出てきて楽しみながら言語に対する理解を深めることができます。

大切なことは、


①繰り返し聴くこと

②気になる単語は調べること

③口に出して1つ1つの単語を発音しながら歌ってみること!


みなさんもお気に入りの音楽を見つけて語学勉強のサポーターとして役立ててみてはいかがでしょうか!

ちなみに歌詞入りのバージョンも載せておくので、歌詞を見ながら曲を味わいたい人はどうぞ。

 

Tschüs!!

広告

ドイツにもあった『一期一会』!お気に入りのドイツの曲紹介と語学勉強に音楽を取り入れることのススメ” への4件のフィードバック

  1. はじめまして、ドイツ在住のポムと申します。歌ってドイツ語に慣れようと格闘しているところなので、同志を得たようでうれしいです。いろいろと参考にさせてもらいます!ドイツの歌詞はファとシュが多くて口が辛いですよね、マフィンさんもがんばっていらっしゃるのを励みにがんばります。

    いいね

    1. ポムさん、はじめまして!コメントありがとうございます。ポムさんも歌いながらドイツ語と格闘されてるんですね!

      私は今思いつくのだとpfが苦手です。日本人に言いにくい発音多くて大変ですよね。

      私も同志を得られて嬉しいです。ポムさんのブログも遊びに行かせていただきますね!お互いがんばりましょう!!

      いいね

  2. 初めまして!偶然このブログに出会ったのですが、どの記事も興味深くてたくさん読んでしまいました。私はドイツ人の恋人がおり、ドイツって実際どんな感じなんだ?で調べてたら辿り着きました。一度訪ねたことはあるのですが、旅行と住んでみるのとでは全然違うので、、

    最近は更新なされていないようですが、次の更新をお待ちしております!

    いいね: 1人

    1. とるさん初めまして。コメントありがとうございます!またたくさん読んでいただいて嬉しいです。とるさんもドイツ人の恋人がいらっしゃるんですね。確かに私も最初旅行で訪れた時と、住んでみてからとではやはり違う景色も見えるので、「あーこういうところは素敵だな。これは日本の方が絶対いいな!」なんて日々発見の連続です。国際恋愛は言葉や文化の違いで大変なことも多いと思いますが、お互いがんばりましょうね!

      更新しようと思いながら、なかなか足が遠のいていたのですが、また近々更新したいなと思います。その時はまた読んでいただけると嬉しいです!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中