Allgemein · ドイツ生活 · 旅行・観光

カーニバルって何のため?カーニバルへ行ってきました。

今日は久しぶりにプリンツ君とデートがてらフライブルクの街を散策しました。

ドイツはただ今カーニバルの真っ最中。

子供も大人も、おじいちゃんおばあちゃんも、カーニバルの衣装を着ている人、コスプレをしている人、顔にペイントしている人でにぎわっています。見ているだけで気持ちがワクワク!

音楽隊の演奏もとてもかっこ良くて、いつまでも聞いていたくなりました。

今回は残念ながら、マスクをかぶった人たちの行進を見れませんでしたが(27日がパレード)、この時期にドイツを訪れる人は必見です!

◎そもそもカーニバルって何のため?どんな意味があるの?

2014年に旅行でドイツに来た時は、カーニバルの意味をよく知らないまま「おもしろい仮装パーティーやな!」「マスクの顔怖すぎて夢に出てきそう!」くらいの印象しかありませんでした。

昨日、語学学校の先生がカーニバルの意味を詳しく教えてくださったので、知らない人のためにご紹介。

img_72021
2014年 旅行で来た時に撮った写真

カーニバルKarnevalは元々はラテン語から来ている言葉で、『肉よ去れ!』という意味があるそうです。

ドイツではカーニバルの他にも『Fasnachtファスナハト』『Faschingファッシング』など、それぞれの土地によって呼び方が違いますが、これらの『Fas』は『fastenファステン 断食する』という意味から来ているのだとか。

karneval

イエス・キリストの復活を祝った『復活祭イースター』の前の40日間、肉類、乳製品、アルコールなどを断って、懺悔の期間にするそうです。

その40日間肉断ちをする前に、盛大に肉を食べ、お酒を飲み、盛り上がっちゃえ!!というのが、このカーニバル、ファスナハトなのだとか。

意味を知らずに見るのと、意味を知ったうえで見るのとでは、理解も深まり楽しみ方も変わってくるかも?

img_72041現在、どれほどの人がこの『肉断ち』を守っているのかはわかりませんが、プリンツ君曰く「ただどんちゃん騒ぎしたい人や、お祭り男お祭り女たちが多い!」とのこと。

果たして真相やいかに!?

img_72061

カーニバルについて説明した後、先生がクラスの人たちにそれぞれ自分の国ではどうかと質問されると、時期は違うけれどウクライナやポーランドでもこのようなカーニバルがあるのだとか。

ちなみに、マフィンは中学高校とキリスト教の学校に通っていましたが、『肉断ち』期間があるなんて知りませんでした。

あと、ドイツ南西部のフライブルクでは天狗みたいな、ナマハゲみたいなマスクが多いみたいですが、このマスクやコスチュームも地域によって特徴が変わってくるのだとか。いつか他の地域のも見てみたいものです。

Tschüs!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中