Allgemein · ドイツ生活 · 旅行・観光

ドイツ人は時間に正確か否か?事例検討してみた。

今日は電車に乗って、『Titisee ティティゼー』という湖に行ってきました。IMGP1868

この電車、『Deutsche Bahn ドイチェ・バーン』ドイツ鉄道と言いますが、それはもう頻繁に頻繁に遅延が起こります。しかも遅れ方が半端ないです。30分遅れなんて、大したことないと思えるくらいで、一度13時間フライト後のフランクフルトの空港で2時間も待たされてゲンナリしました。

まだ駅で待ちぼうけならマシですが、今日は最高気温38度の中、クーラーなしで電車の中30分以上閉じ込められました。しかも行き帰り両方とも。窓も5センチしか開かないので、車内はサウナ状態。赤ちゃんは泣き止まず、みんなイライラ。

そして日本人にとっては、さらに信じられないことに遅延理由の車内放送や謝罪の言葉も一切ありませんでした。

湖に着いた時、すでにマフィンはヘトヘトになってしまい、ボートに乗りたかったのですが、暑そうで辞めました。

IMGP1888
ボートに滑り台!プチウォータースライダー

 

ドイツに来る前、マフィンにとってドイツ人のイメージは『時間に正確』ということ。でも、ドイチェ・バーンにはことごとく期待を裏切られます。

愚痴が長くなりましたが、今日は実際にドイツの人たちは時間に正確かどうか、経験などをもとにご紹介します。

 

◎ドイツ人は時間に正確か否か?

ケース1- Prinz君の場合

Prinz君と付き合う前、マフィンはいつも15分前に待ち合わせ場所に行きました。そして、いつも必ずPrinz君は15分以上前に待ち合わせ場所にいました。

Prinz君は、基本的に時間厳守、時間前行動の人で、マフィンの方がもう少しゆっくりでも良いのではと思うことも多々あります。

 

ケース2- タンデムパートナーの場合

彼女はとても良い子ですが、時間に関しては少し緩い感じがあります。といっても、毎回5分~10分ほどなので、許容範囲ですが。

最初の頃は、2回程『待ち合わせをしていること自体』を忘れていることもありました。最初の頃だったので、ドイツ人不信になりそうでした。今はきっちりしてもらっています。

ケース3- ドイツ人カップルの場合

友達カップルとよく出かけますが、毎回ジャストタイム!です。例えば、家に招待した時は、早すぎず、遅すぎず。おそらく少し早く来て、家の前で時間調整をして時間ピッタリにチャイムを鳴らしてくれます。色々と準備のタイミングもあるので、招待する方としては気を揉む必要がないので、良いゲストですね。

 

ケース4- タイ人の友達のドイツ人旦那さんの場合

タイでは、多少時間にルーズでもみんな気にしないとのこと。でも旦那さんは時間厳守を徹底する方。『ドイツでのマナーは、時間を厳守することだ!』と友達は教えられ、時間に対する概念が変わったとのことでした。

一度語学学校の友達数人と待ち合わせをした際、イラク人の子が30分以上遅れてきて、待ち合わせ場所に来たときは走りもせず、謝罪もないということがありました。それに対して彼女は、「最初の頃ならまだしも、1年以上住んでるのだったら、ドイツのルールを守るべきだ!」と憤慨していたほどです。『郷に入っては郷に従え』ですね。

IMGP1907

以上、4つのケースを紹介しました。

Prinz君曰く、ドイツでは、時間厳守が当然であるとのことです。

義母ももちろん時間前行動ですが、マフィンのことを良く思ってもらえているのは『時間厳守』が出来ているからというのも大きな一因だとPrinz君は言います。ドイツ人とお付き合いしている方や、これから義両親と会うという方は、『時間厳守』に気を付けましょう!

と言っても、基本的に日本人は時間に対して正確なので、よっぽどじゃない限りは大丈夫ですよ。Prinz君が日本を好きな理由の1つとして、やはり『時間に正確』『電車が時間通り』、『1分でも電車が遅れると、謝罪する』などがあるようです。

昔はドイチェバーンも時間に正確だったようですが、近頃は遅延も常態化してきたみたいです。遅れを取り戻すために、スピードを出し過ぎて多数の死者が出る事故が起こったのも記憶に新しいですね。日本の鉄道事情は本当に素晴らしいなと改めて思います。

 

でも、みなさん安心してください。ドイチェバーンはよく遅れますが、『ドイツ人が時間に正確である』というイメージには間違いはないですよ!

 

最後に、ほとんどティティゼーについて触れていませんでしたが、『Schwarzwald シュヴァルツヴァルト 黒い森』の中にある湖です。観光地としては、そんなに大きくないですが、中国人観光客用のお店もいくつか立ち並び、中国人には人気の観光スポットのようでした。

同じく街としてはそんなに大きくないですが、フライブルクという観光地からドイチェバーンで1時間弱で行けるので、もし近くまで来られた際はぜひ足を運んでみてください。お天気が良いと本当に気持ちが良いところですよ~。

 

☆☆☆

◎今日のドイツ語コーナー

『der See ゼー』湖

see

湖は男性名詞です。

ドイツ語をかじったことがある方は、ご存じだと思いますが、『See ゼー』には『海』という意味もあります。ただ、男性名詞ではなくて、女性名詞なんですよね~。いい加減にしてほしいなと思うマフィンですが、とりあえず今日は『デアくんが琵琶湖で魚釣りをしているイメージ』を想像していただければ完璧です!

デアくんって何だ?という方は、良かったらこちらをご覧ください。英語もEUから離脱!?これを機にドイツ語を勉強するメリットを考えてみた。

 

Tschüs!!

広告

ドイツ人は時間に正確か否か?事例検討してみた。” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中