Allgemein · ドイツ語

③語学を勉強中の人へ!言語交換相手(タンデムパートナー)を持つことのススメ~勉強方法編~

昨日はプラネタリウムに行きました。『太陽系の探検』というテーマで、太陽系の星々の成り立ちについての解説でした。でも天体用語は全然知らないので、最後の方眠くて仕方がありませんでした。これを機に、天体用語も勉強してみようと思います。何かきっかけがないとやる気が起きないマフィンです。

planetarium

 

さて、『語学を勉強中の人へ!言語交換相手(タンデムパートナー)を持つことのススメ』というテーマで、前回、前々回の記事で『メリット』、『見つけ方』をご紹介してきました。今日はその続きで、マフィンがタンデムパートナーと行っている『勉強方法』をご紹介します。

 

◎タンデムパートナーとの勉強方法

①フリートーク(一週間の出来事など)

いくら文法を勉強しても、話す練習をしなければ言語は上達しません。そもそも言語を勉強する理由は、会話ができるようになるためです。話すことへの『恥じらい』『ためらい』をなくすためにも、最初の20分くらいは、お互いの近況を報告し合っています。

「日曜日にプラネタリウム行って、眠かったよ〜」「プラネタリウムってロマンチックやんなー」「天体観測したくなった!」など、自分が体験したことと、その感想だったら簡単ですよね!これだけで、会話ができますし、少し話せたことに自信が持てます。

難しいことを話そうとせず、簡単なことから始めてみましょう!

 

②語学学校で習ったわからないところ、自習してわからないところを教えてもらう

個人レッスンのメリットです。学校では人数も多く、どんどん進んでいくので曖昧になっている部分がありました。それを一つ一つ解説してもらうことで、わからない部分が蓄積されないように気を付けました。相手も日本語が少しわかるので、日本語で少し説明をしてもらうこともあります。

 

③子供用の絵本を音読し、発音の訂正とわからない部分を解説してもらう

繰り返しになりますが、言語を学ぶ上で大事なことは、実際に言葉を口に出すことです。いきなりネイティブの大人が読むような本はハードルが高いので、まずは子供用の絵本を音読することがお勧めです。音読をすると、その都度発音を訂正してもらうことができます。

また、辞書片手に本を読むことももちろん1つの良い勉強法ですが、パートナーと一緒に読むことで、言語や文化の違いで意味がわかり辛いところを解説してもらえるので、より理解が深まります。

tandem4

④日本のマンガをドイツ語訳したものを音読する

ドイツでも日本のマンガをドイツ語に翻訳したものが売っています。ドラゴンボールやワンピース、セーラームーンなどはドイツでも人気があります。自分が知っている内容のマンガであれば、『このシーンはこんな風に使えるのか!』と頭に入ってきやすいので、マンガ好きな人にはこちらもお勧めです。

ただ、マンガは『話し言葉』が非常に多いので、初級者にはより難しいと感じる可能性が大きいですが、逆に話し言葉を習得したい人にはもってこいの教材です。もし話し言葉の習得が目的であれば、戦闘系のマンガよりも、日常をテーマにしたマンガの方がより使用頻度の高い言葉を習得することができます。

日本在住で英語を勉強している場合でも、大型書店等に英語訳のマンガが売ってあります。輸入品になるので割高ですが、1冊試しに買ってみるのもよいかもしれませんよ♪

 

⑤書き取り(ディクテーション)

マフィンが体験した中で、このディクテーションが一番高い効果を感じました。フリートークも良いのですが、フリートークでは『何となくこう言っているのかな?』と理解しきれていないまま話が過ぎることもあります。

でも、タンデムパートナーに文章を言ってもらって、それを実際に紙に書きだしてみることで、自分が聞き逃していたことや、スペルの間違いを発見することができます。例えば、マフィンは『R』と『L』の違いがわからず、よく逆に書いてしまいます。

この書き取りの作業を繰り返していくうちに、結果として1つ1つの単語を聞き取る力や集中力がついてくるようになったと実感しています。最初はゆっくり話してもらっていたのが、だんだん速度が上がってくるようになり、今でもゲーム感覚で楽しんでいます。

tandem3

 

⑥日本語の本を翻訳

これは、パートナーが日本語を勉強する際に行っているのですが、パートナーが持っている日本語の本を音読してもらい、それをドイツ語に翻訳するという作業です。

パートナーはお年頃の女の子。彼女の持っている本が『恋の法則』という本で、やたらと難しい表現が多いんですよね。日本語とドイツ語の語順の違いや、日本語の体言止め婉曲表現などをドイツ語に直そうとすると本当に難しいです。

こういう時に実感するのが、語彙力の不足です。語彙力があればもう少しうまく説明できるのになと思いつつ、辞書も使いながら解説を試みています。これを行うメリットは、自分が知らない単語をパートナーと一緒に学ぶことができることです。

難しくて頭が破裂しそうになりますが、①~⑥中でこの⑥が一番ドイツ語を話している気がします。『ドイツ語で何かを説明する練習』『日本語をドイツ語に変換する練習』にもなるので、少しステップアップしたい人にはお勧めですよ。

 

⑦番外編 スカイプの言語交換

語学を勉強する際、何を目的にするかで勉強方法も変わってきます。

マフィンがまだ日本にいて、英語を勉強していた時は、『実践の場』が欲しい、『外国人と話すことに慣れたい』と思っていたので、ほぼ毎日スカイプを使ってフリートークを行っていました。最初の頃は、ドキドキでしたが、これを経験することによって、外国人と話すことに対しての『ためらい』を減らすことができました。

skype

以上、『タンデムパートナーとの勉強方法』でした。

ここまで読んでいただいた皆様に、少しでもプラスになる情報があれば嬉しいです。まだタンデムパートナーをお持ちでないという方は、これを機に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに・・・Prinz君にはあまりドイツ語を教えてもらいません。その理由は、ムカついてイライラすることが多いからです。甘えがあるのかもしれませんね。ドイツ語を教えてもらったり、日本語を教えてあげるときは、よく喧嘩になります。以上、余談でした。

 

タンデムパートナーを持つことのメリットと見つけ方について、まだお読みでない方は、良かったらこちらもご覧ください。

メリット編→語学を勉強中の人へ!言語交換相手(タンデムパートナー)を持つことのススメ~その①メリット編~

見つけ方編→語学を勉強中の人へ!言語交換相手(タンデムパートナー)を持つことのススメ~その②見つけ方編~

 

☆☆☆

◎今日のドイツ語コーナー

『der Stern シュテルン』 星

stern天体用語の第一歩、星です。星は男性名詞なんですね~。英語の『Star スター』とスペルは少し似ていますが、ドイツ語で『St』が語頭に来たときは『シュ』と発音するので、注意が必要ですよ~。

 

Tschüs!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中