Allgemein · ドイツ生活

イチゴジャム作り

今日は義母からお誘いを受けて、一人でPrinz君の実家にお邪魔してきました。

トラムと電車で約1時間。一人で電車に乗るのは初めてだったので、ドキドキ。

朝早くて眠かったですが、電車で寝過ごすとスイスまで行ってしまうので、景色を眺めて過ごしました。

 

そして、出迎えてくれたのは、大量のイチゴ!!

WP_20160620_09_57_04_Pro

 

1kgのイチゴをミキサーにかけて、ゼラチン?みたいなやつを入れて、沸騰。

 

火から下ろして、1kgの砂糖を投入して、沸騰するまで煮込む。

 

沸騰したら、3分間ぐつぐつさせて、とろみができたら完成♪

 

これを繰り返してたら、大量のイチゴジャムができました!!WP_20160620_13_24_50_Pro義母曰く、今年は雨が多くて、イチゴの甘さが全然足りないとのことだったけれど、私にはすごくおいしかったです。また部屋中がイチゴの甘い香りで満たされて、すごく幸せな気分になりました。

10日ほど冷蔵庫で寝かすと、固まってくるそうなので、10日後が楽しみです☆

 

ちなみに、ドイツ語でジャムは『Marmelade ママラーデ』と言います。日本だと、オレンジの入ったやつをママレードと言いますが、ドイツではオレンジだろうが、イチゴだろうが、ブルーベリーだろうが、全てママラーデです。

 

 

昼食をよばれた後、お庭を散策しました。

レモンの木や、さくらんぼの木、パプリカやレタス、ニンジンなど、色んな野菜や果物があったり、色んな種類の花が咲いていて、とてもきれいでした。

 

義母と話すのはとても面白くて、気が付いたら5時間ほど滞在しちゃいました。次はドイツ料理教えてもらおうかな~♪

 

 

☆☆☆

◎今日のドイツ語コーナー

感謝を表す言葉は大事ですよね!

『Danke ダンケ』 ありがとう

『Bitte ビッテ』 どういたしまして

DANKE

『ダンケ』は、一番カジュアルな感じの『ありがとう』です。

例えば、「ちょっとそこの携帯電話とって!!」と言って、受け取る時に「ダンケ~」という感じです。

もう少し丁寧な言い方もありますが、それについては次の記事でご紹介します。

『どういたしまして』は『ビッテ』と言います。『ビッテ』には、色々な意味があるので、またおいおいご紹介します。

 

 

Tschüs!!

>千総 福岡のあまおういちご ジャム【大阪土産/堺お土産/観光おみやげ/名物/特産品】

広告

イチゴジャム作り” への5件のフィードバック

    1. 日本のイチゴより、大きくて甘いから、今年はいまいちって言われても、めっちゃおいしい☆ってなった!笑
      ビッテ。。シェーン!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中