Allgemein · ドイツ語 · Prinz君とMuffinの会話

新たな議題

Prinz君の疑問は進化し続けます。

「どうして『地球』『水球』じゃないの?」という疑問から、新たな議題へ突入しました。

 

以下は、昨日の記事の続きになりますので、まだ読まれていない方は、先にこちらをお読いただくと話が分かりやすいかと思います。 ⇒ Prinz君の疑問

 

新たな議題EPSON MFP image

~Prinz君の思考回路~

疑問:「どうして『地球』『水球』じゃないの?」

⇒ 大地と水、多いものの名前がついている方が理にかなっている

⇒ 地球には水の方が多いから、『水球』の方が名前として自然である

⇒ では、『地球』という名前通り『大地』が多い場合、どんな世界だろうか?

 

 

本当にどうしたらそこまでの考えに至るのか、私には理解しがたいものがあります。

でも、今回は面白いなと思ったので、少しPrinz君の思考の世界にお邪魔してみました。

EPSON MFP image

海と大地が逆転している世界、つまりは世界が一つの大陸でできている場合、今とは全く違う歴史が作られてきたことでしょう。

 

EPSON MFP image

もちろん、世界が広いことには変わりないので、全く隔たりがないわけではないと思いますが、何もない時代に大海を渡って・・・というような困難さはなかっただろうし、もっと盛んに行き来されていたのかもしれませんね。

 

 

EPSON MFP image

日本語とドイツ語の言葉の違いで苦労しているMuffinにとっては、少しでも言葉の隔たりが少ない世界だと嬉しいな~と思いました。

 

最後に、『日本とドイツに隔たりがなかった場合』という妄想から、日本とドイツの国旗を合体してみたのですが、いまいち微妙な国旗になってしまいました。

やっぱり、日の丸は日の丸、ドイツ国旗はドイツ国旗で今の形が一番ですね。

 

妄想の世界は限りなくて楽しいですが、今の世界を変えることはできないので、言葉の隔たりがある分、それを埋める努力をしなくてはと改めて思いました。

 

 

☆☆☆

 

◎今日のドイツ語コーナー

『Guten Tag グーテン ターク』 こんにちは

だいたい朝11時ころ~18時くらいまで使われるようです。

guten tag

『こんにちは』という意味ではありますが、友達と会った時にはあまり使われていないようです。

 

例えば

・スーパーのレジで精算する時、店員さんが『こんにちは』という時に、『グーテン ターク』と言うことがあります。

・仕事で電話する際のあいさつに使われることがあります。

 

見知らぬ人や、敬意を払う相手、ビジネスの場などで使われることが多いようです。

 

 

 

Tschüs!!

広告

新たな議題” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中