Allgemein · 旅行・観光

針の世界 Nadelwelt

今日は義母が『針の世界 Nadelwelt』という展示会へ連れて行ってくれました。

『芸術が紡がれている』そんな言葉がぴったりの場所でした。

 

 

私の中では、裁縫というと、趣味というイメージでしたが、もはや芸術。

布と糸と針だけで、こんな芸術作品ができるのか・・・と感動の連続でした。

1つの作品の前で、作者の方が「この作品は、18ヶ月かかりました。」と言っているのが聞こえました。驚愕!

人の心を動かすには、やはり情熱と根性と忍耐が必要なんですね。

 

 

朝10時に着いて、夕方の4時半までいましたが、全部見ることができないくらい沢山の作品がありました。

 

特に刺繍の作品が可愛くて、お家に飾ったら絶対素敵だろうな!と思いました。あまりにも目を輝かせていたことがバレバレだったのか、販売コーナーでは、義母がいくつか型紙を買ってくれました。

「針は持っている?」と聞かれたので、主婦の必需品は持ってますよ☆アピールで「もちろん!」と自信満々でいうと、「刺繍の針は、普通の針とは少し違うのよ」と言われました。残念!!

家庭科の授業で、刺繍をしたけど全く記憶にございません。一から出直す必要がありそうです。

義母は50代前半ですが、学生の頃は裁縫や料理など、いわゆる花嫁修業的な授業が必須科目だったそうです。そんなに昔のことではないのに、当時はまだ『女性は女性らしくあるべき』という考え方が一般的だったようです。

今は男女平等がしっかりと確立されていて、日本人と比べるとドイツ人女性は強くたくましいイメージがあります。(もちろん個人差はありますが。)ほんの数十年でこんなにも考え方が変わるものなんですね。

 

 

今回、たくさんの芸術作品の中で、突如日本語を発見しました!!

IMG_0442

『正しい目薬の差し方』のようです。なぜ??義母に意味を伝えると、義母爆笑。

芸術は、やはり奥が深いな~と思いました。

 

新たな芸術に触れ、すごく刺激的な一日でした。私ももっと情熱的な作品を作りたいな!と言いつつ、今日のお絵描きは単純すぎですね。今日は歩きすぎて疲れました。

 

Tschüs!!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中