Allgemein · Prinz君とMuffinの会話

50ミリオン€の使い道

「あー、宝くじが当たったらなー!」

そんな考えは、誰しも持ったことがあるのではないでしょうか。もちろん私も考えたことがありますが、当たらない確率のほうが高いから・・・と自分で宝くじを買ったことはありません。夢がないですね!


 

もしも宝くじで大金が当たったら・・・

EPSON MFP image

「家を買って、残りは貯金する。」と即答しました。「もっと色々考えて!家はどこに建てたいの?買いたいもの、やりたいことはないの?」と言われ、そこから熱く語られました。

 

EPSON MFP image
Prinz君のお金の使い道①

まず最初にPrinz君がすることは、『家族へのプレゼント』でした。真っ先に出てくる答えが、私利私欲ではなく、『家族へのプレゼント』なんて、家族思いの人なんだなと感心しました。「お姉ちゃんにお金をあげると一瞬で使いきるから、家をプレゼントした方が絶対良いんだ」など、後々のことまで考えていました。また、後日義母にお姉さんには家をプレゼントすることを伝えると、義母も「お姉ちゃんには、お金をあげたら絶対ダメ!!」と即答。お姉さんって一体どんな性格なんだ・・・

 

EPSON MFP image
Prinz君のお金の使い道②

次に、残ったお金を資本にして、自分のゲーム会社を設立したいそうです。ゲームオタクのPrinz君は、次から次へとゲームのアイデアが浮かんでくるようで、「このゲーム会社は、すごく良い会社なのに、どうしてコレをしないんだ」などと、いつも嘆いています。

 

EPSON MFP image

どうやら、彼の会社に私の働くポジションはないようです。でも、考えてくれたことに感謝。


 

Prinz君はよく夢のような話をします。『いつかクリーンエンジンの付いた移動式の島を持って、全て自給自足で賄うんだ!島ごと色んな国を巡って旅をしたい!』と真顔で語る姿は少年の様です。夢のような話なのに、いつも具体的に考えていて、「そのために必要なこと」「どうしたら島を浮かせられるか」「島ではどんなエネルギーを使うか」「一万人の住民が住むために必要な仕事は何か」などと、真剣に語っています。

「これについてどう思う?」「何かアイデアはある?」なんて聞かれることが多いですが、ガチガチの頭で生きていた私にとって、いつも難題です。Prinz君と会話をするときは、日々思考トレーニングをしている気分です。

夢の島のエネルギー

『夢を持つこと』は、子供の特権のような気がしますが、いつまでも子供のような心を持ったり、夢を持つことって大事なことだなと学びました。

 

お互いギャンブルの類は嫌いですが、週に1つお菓子を我慢するという条件で、Prinz君はロトを始めました。Prinz君と一緒に、私も少し夢を見たいと思います。

 

 

ちなみに、私が家を建てるなら、お互いの国とハワイが良いです。これも当たり前すぎ?

EPSON MFP image

 

今回の絵は、お絵描きを始めたばかりの絵たちなので、顔が違いすぎますね。ふー。

 

Tschüs!!

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中